アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「明渡・立退料」のブログ記事

みんなの「明渡・立退料」ブログ


立退きが断然多い (兵庫・尼崎市)

2012/04/02 00:57

 立退き業者は26軒中16軒の入居者に通告。その1人のAさんは新築時から入居期間45年と最も長い。ここでも業者の立退き理由は老朽化と地震によって命の保証ができないので建替えるという主張です。


 Aさんは業者と家主に明渡しの意思がない旨通知しているにもかかわらず、非通知の電話を取ると無言でプツンと切る嫌がらせも繰り返しありましたが、毅然と対処してきました。


 その後、業者から組合に「話合い」の提案がありました。


 


 


全国借地借家人新聞より


 


東京・台東借地借家人組合


無料電話相談は 050−3012−8687 (IP電話)
受付は月曜日〜金曜日 (午前10時〜午後4時)
土曜日日曜日・祝祭日は休止 )
尚、無料電話相談は原則1回のみとさせて頂きます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


家主に地デジアンテナ工事実施請求すると、明渡請求の回答が(神奈川・相模原市 )

2012/03/26 15:56

 相模原しに住むFさんは、テレビのアンテナを地上デジタル用に交換してほしいと貸家を管理している不動産屋に要求した。


 ところが不動産屋の返事は「家主は工事をしたくないといっている。娘に住まわせたいので明け渡してほしい」という内容であった。


 Fさんは、以前更新料の請求を断り、契約書の訂正を求めたところ、突然東京地裁に家屋の明渡の訴訟を起こされ、組合の支援をうけながら自力で裁判を闘い、家主には明渡の正当事由はないと全面勝訴した。


 3年後、そのことに懲りずに再び明渡の請求をしてきた。Fさんはキッパリ明渡を断り、「こちらで工事費用を立替えて工事を実施します」と不動産屋に伝えたところ、数日後工事は家主が行うと回答してきた。


 


 


東京借地借家人新聞より 


 


東京・台東借地借家人組合


無料電話相談は 050−3012−8687 (IP電話)
受付は月曜日〜金曜日 (午前10時〜午後4時)
土曜日日曜日・祝祭日は休止 )
尚、無料電話相談は原則1回のみとさせて頂きます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


住み続けたい。大東建託の強引な明渡要求には屈しない (奈良)

2012/02/09 09:52

 大東建託は4世帯の借家人へ平成22年末から再三にわたり、立退料として60万円と引き換えに一方的に明渡を要求、時には面談を強要し時には文書で明け渡しに同意しているかのごとく引越しの催促をするなど、借家人へ居住不安を煽りました。


 平成23年1月末には、130万円と引き換えに2月末までに解約に応じなけれれば裁判所へ提訴するなどの通知が送られてきました。


 奈良市では数年ぶりの大雪が降った2月14日夜、4世帯の借家人は、大東建託と家主側の申入れに対する対応について船越康亘大借連会長を交えて検討し、77年間住み続けた96歳のお年寄りが「ここに住み続けたい。終の棲家にしたい」と身内の方によって伝えられました。「環境の良い住宅地を壊したくない。家族同然のコミニティーを大事にしたい。おばあちゃんの気持ち大事にしたい」と全員一致してお金では買われないもっと大切なものがあることを確認しました。そして、全員で誠意を持って検討したが、最終的に契約の解約には応じることはできないと家主へ回答しました。


 平成23年2月22日付けで家主から「私の意向に添ってくださることが出来ないことが解りました」との内容証明郵便が送られて、今後は補修の必要が生じても一切責任を取ることはできない旨の意思表示がされてきました。


 4世帯の中心的な役割を担い、これまで団結して頑張ってきた居住者の1人であるAさんは、「本当に大東建託が手を引いて、みんなほっとした。居住の権利の大切さを知り、環境の素晴らしい奈良の町を守ることができました。そして、住み続ける権利を他人から侵されるのではなく、自分に選択する権利があることを勉強しました」と喜びを語っています。


 


 


全国借地借家人新聞より


 


東京・台東借地借家人組合


無料電話相談は 050−3012−8687 (IP電話)
受付は月曜日〜金曜日 (午前10時〜午後4時)
土曜日日曜日・祝祭日は休止 )
尚、無料電話相談は原則1回のみとさせて頂きます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


家主の不動産会社が明渡で嫌がらせ行為 (東京・立川市)

2012/02/07 10:49

 アパートの明渡しを請求されている立川市高松町のAさんは、18室のうち、Aさんを除く全員が退去し、家主の不動産会社から様々な嫌がらせを受けている。


 1階の自転車置き場の使用をさせないようシャッターの扉に鍵をかけ閉鎖し、2階のAさんの部屋の先をバリケードで封鎖し、各空室の前に空室と赤マジックで大きく書き、×印のテープを貼り、Aさんに「これでも住むのか」と威圧している。


 3月18日は家主の代理人の弁護士から来年3月1日以降の契約の更新拒絶と明渡しの協議に応じるよう内容証明郵便を送ってきた。Aさんは、組合と相談し嫌がらせに負けずに、失業中であることを理由に早期の明渡しを拒否するつもりでいる。


 


 


東京借地借家人新聞より 


 


東京・台東借地借家人組合


無料電話相談は 050−3012−8687 (IP電話)
受付は月曜日〜金曜日 (午前10時〜午後4時)
土曜日日曜日・祝祭日は休止 )
尚、無料電話相談は原則1回のみとさせて頂きます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


強圧的態度で立退き迫る <2> (静岡・駿東郡清水町)

2012/01/25 09:46

前回の[老朽化理由の明渡の調停不調後、建替ええを理由にした明渡裁判へ<1>] (静岡・駿東郡清水町)からの続き


10月20日沼津地裁で第1回証人尋問が行われました。
 原告側証人は次のように述べました。
@相続税を祖父分3億円、祖母分8000万円支払った。
A現在、病院建設、貸し店舗建設、貸家建設での債務が約1億8000万円ありその支払の為土地を売却したいので立退きが必要である。500坪の売却実質収入は9000万円を見込んでいる。
B(借家人弁護士から債務支払の為の売却予定地は3箇所ぐらいかの質問に対し)係争中の土地以外売却予定地はそれ以上ある。


 一方借家人は
@長年すみ続け相互援助の人間関係が出来ている。
A現在の借家は通院、買い物、介護の地理的条件を満たしており、同じ様な条件の高齢者に対応する借家を探すのは困難である。
B年金生活者であり、経済的に家賃の高いところには住めない。借家人と地主が困っている内容は質が違うと主張しました。


 原告側弁護士から「地主が困っているに、協力できないのか」と畳み掛けるような詰問調の尋問があり、裁判長からたしなめられる場面もありました。議会は残り借家人3名の尋問が行われます。



 


全国借地借家人新聞より


 


東京・台東借地借家人組合


無料電話相談は 050−3012−8687 (IP電話)
受付は月曜日〜金曜日 (午前10時〜午後4時)
土曜日日曜日・祝祭日は休止 )
尚、無料電話相談は原則1回のみとさせて頂きます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


老朽化理由の明渡の調停不調後、建替ええを理由にした明渡裁判へ<1> (静岡・駿東郡清水町)

2012/01/23 09:45

 湧水量東洋一を誇る柿田川のある清水町(静岡・駿東郡)で、借家人に対し地主が退去を迫る問題が起きました。


 2010年3月地主代理人の不動産会社から、「@相続税の納付期限が迫っている。A建物が老朽化している」という理由で6月末までに借家を退去して欲しい旨の申出を受けました。4月に入り「退去しないと法的手段に訴える」などの強圧的態度で退去を迫られましたが、借家人はその場で出ていくつもりがない旨伝えました。


 9月に入り沼津簡易裁判所から調停通知が届きましたが、第1回調停で調停不調になりました。12月に沼津地方裁判所から口頭弁論の呼出状が届きました。


 2011年1月に第1回の裁判が開かれました。地主は東海地震で倒壊の危険性があると建替えの必要性を主張しました。それに対し借家人は「@「耐震診断書」を添付し耐震補強を行うことで耐震構造になるので、清水町の補助金制度を活用し耐震補強工事を実施して欲しい。A建物の老朽化は明渡の正当事由にならない。B地主は借家人が依頼しても修繕義務を怠ってきた」と反論しました。


 借家人の中には高齢で、介護を必要とするなどの年金暮らしの方々もおり、転居は事実上難しい状態です。住み続ける権利を守る為 、法テラス制度なども活用し、裁判を続けています。尚、3軒の方が組合に加入しました。



 


全国借地借家人新聞より


 


東京・台東借地借家人組合


無料電話相談は 050−3012−8687 (IP電話)
受付は月曜日〜金曜日 (午前10時〜午後4時)
土曜日日曜日・祝祭日は休止 )
尚、無料電話相談は原則1回のみとさせて頂きます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


建物の老朽化・耐震を理由の明渡 (神奈川・平塚市)

2012/01/11 00:31

 平塚市で戸建1棟の借家で20数年居住して平穏に過ごしてきたTさんは家主代理人の不動産業者から、老朽化と地震が来たら家が倒れる心配があるので、3か月以内に建物を明渡すよう要求する旨の通知を受けました。


 Tさんは、いきなりの明渡通知に驚き知人に相談したところ借地借家人組合を紹介され、組合を訪れて、組合に加入の上、今後の協力要請をしました。


 組合は、Tさんと協力して不動産業者と再三折衝を重ねたが折り合いがつかず、結果として白紙撤回を申し入れました。


 最後まで頑張る決意を確認して相手側の今後の動向を見ながら対処していくことにしました。若し、法的手段になっても受けて立つ心構えで臨むことを確認しました。


 Tさんは組合の協力により、これまで相手との折衝について大変勉強になり、自信が湧き今後とも組合員として協力をしていきたい意向を確約してくれました。



 


全国借地借家人新聞より


 


東京・台東借地借家人組合


無料電話相談は 050−3012−8687 (IP電話)
受付は月曜日〜金曜日 (午前10時〜午後4時)
土曜日日曜日・祝祭日は休止 )
尚、無料電話相談は原則1回のみとさせて頂きます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


老朽化を理由にした明渡請求 (大阪)

2011/12/19 00:32

 昨年末に、賃貸マンション明渡の相談がありました。9月に突然、「老朽化にともなうご退去のお願い 契約解除の通知」なる文書が部屋のドア・ポストに投函され、「老朽化により大規模修繕または立替えを要すため、12月末日で現在の契約を解除させていただきます」という内容でした。


 相談者(女性・単身)は、オーナーでもある管理会社の担当者が頻繁に訪ねてくるが、「ドアを開けず、インターホンにも出ずに無視している」とのことです。先方からはその後、退去条件を提示し、交渉に応じて欲しい旨の文書が何度か投函されていました。


 「都心の便利な場所で、9年間住んで気に入っている」ということなので、「老朽化云々は、借地借家法28条の『明け渡しを求めるための正当事由にあたらない』ので、申入れはお断りする」という内容の文書を内容証明郵便で送達し、様子をみることになりました。


 翌年早々回答書が届き、立退料(支援金と呼んでいる)を支払う用意があること、転居先は責任をもって確保するという内容でした。


 「一度会って話合いを持った方が安心ですよ」とお勧めし、2月初め交渉に立ち会いました。その場で本人から「金額次第で立ち退くので、金額を提示して欲しい」と意思表示がありました。


 立ち退くの一言でよほど相手は安心したのか、あとは電話のやり取りで本人の希望通りの金額で合意することができました。


 改めて、「正当事由」の”威力”を教えられました。同時に、マンション住民の孤立した生活スタイル(居住者同士の交流が全くないこと)が、住いの権利を活用できなくしていることもよくわかりました。


 また、「老朽化」や「耐震性」の問題は今後多くなると予想されますが(阪神大震災前の建築物は山ほどあります)、建築物を補修しながら生かすことを進めることが建築の方向転換、そのための行政施策が必要と思いました。「スクラップ&ビルド」は、開発業者の目先の利益にしかならないものと思います。



 


全国借地借家人新聞より


 


東京・台東借地借家人組合


無料電話相談は 050−3012−8687 (IP電話)
受付は月曜日〜金曜日 (午前10時〜午後4時)
土曜日日曜日・祝祭日は休止 )
尚、無料電話相談は原則1回のみとさせて頂きます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地主が難癖をつけて建物収去土地明渡を要求 (東京・荒川区)

2011/12/12 00:44

 荒川区町屋に住んでいるAさんは、親の代から他区で50年前から借地して、10世帯が入居できる木造モルタル2階建てアパートを経営している。3年前に親が他界し、その直後に地主も亡くなり共に相続によって現在賃貸借が続行している。

 ところが昨年10月に突然地主から通告があって「お宅のアパートの住人が家のポストを壊した。窓ガラスに石を投げガラスを割った。何の理由もなくこんな被害を受けることは容認できない。こんな危険人物を入居させているAさんの気が知れない。直ちに住民を追い出して更地にして土地を返せ」と要求された。

 Aさんはアパートの管理会社を通じてアパートの入居者が間違いなくやったのか、確たる証拠があるのか正した。その結果、地主宅の防犯カメラにそれらしき人物が映っているが夜間だからはっきりしないと回答してきた。それなら、ビデオを第三者立会いの上見せてほしいと地主に申し入れたが拒否された。

 Aさんは、管理会社を立ち合わせて改めて入居者に近所に迷惑をかけないように注意した。地主は、何時までに土地を明渡すのか期日を決めてもらいたい等と管理会社の方に度々催告してきた。Aさんは「何の確証もないのに言いがかりは止めてほしい」と主張し、明渡しの話には一切応じなかった。


 昨年12月に入ると地主は理由が一変。建物が古くなったから明渡せと言ってきた。その後、地主の代理人だと称する者から「警察沙汰や裁判になるとやっかいになる」と管理会社にまで明渡しの協力を依頼してきた。Aさんは、10年前に親が数百万円もの更新料を支払っているのに、こんな理不尽な話はないと途方にくれていた矢先、組合のポスターを見て借地借家人組合に入会した。地主に対し「明渡しは断固拒否する」と通告した。



 


東京借地借家人新聞より


 


東京・台東借地借家人組合


無料電話相談は 050−3012−8687 (IP電話)
受付は月曜日〜金曜日 (午前10時〜午後4時)
土曜日日曜日・祝祭日は休止 )
尚、無料電話相談は原則1回のみとさせて頂きます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


区道の道路拡張を理由に明渡請求裁判を起こされる (東京・練馬区)

2011/11/24 09:35

 練馬区北町でお茶屋を営んでいるAさんは、昨年末に区道拡幅に伴う計画で家主から明渡請求の裁判を起こされました。


 Aさんは道路拡幅に伴う事業で立退きを求められていることは承知していました。しかし、立ち退きに伴う補償の問題では、3年前に区の用地買収の担当者との間で交渉が1回行われたきりで、その後、家主からは昨年末をもって道路拡幅事業の進捗を理由に更新拒絶をするという通知が来ました。


 Aさんは、組合と相談し、道路拡幅工事という理由だけでは正当な事由がないという通知を送りましたが、その後、何らの返事がないままに今回のいきなりの裁判になりました。


 区の道路計画についても直接問い合わせたところ、事業の進捗はおおよそ40%で、貸主の言う正当な事由にもならないことが明らかになりました。そのうえ、隣の薬局にはそのような話は一切聞いていないということで明らかにAさんに対する嫌がらせとしか考えられません。最後まで頑張るとAさんは決意新たにしています。 



 


全国借地借家人新聞より


 


東京・台東借地借家人組合


無料電話相談は 050−3012−8687 (IP電話)
受付は月曜日〜金曜日 (午前10時〜午後4時)
土曜日日曜日・祝祭日は休止 )
尚、無料電話相談は原則1回のみとさせて頂きます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
入口に張り紙 「今日中に出て行け」 (京都・下京区)
&emsp;下京区のAさん。昨年12月1日、朝起きて入口を見たら白い紙が貼られていました。 &emsp;「A様&emsp;12/3日より部屋のクリーニング業者がはいりますので、12/1日中に荷物を運び出してください。&emsp;家主」という張り紙でした。びっくりしてAさん、すぐさま家主宅に電話したところ、常軌を逸した対応で一方的に電話を切られる始末でした。 &emsp;たまたま近所に共産党の生活相談所があったことから、そこの紹介で京都借地借家人組合連合会に相談にみえられました。 &emsp... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/16 10:10
建物の老朽化を理由に明渡請求 (東京・豊島区)
&emsp;豊島区南大塚でお店を営業しているAさんは、昨年7月にい家主の代理人から老朽化を理由に明渡請求されました。明渡の解決金として提案されたのは家賃の6か月分で、店舗の引っ越しはできないので断ることにしました。 &emsp;代理人の不動産会社は「請求をのまなければ法的津段に訴える」と主張していたが、組合からの通知にびっくりして、店舗の明渡の解決金として家賃の数十か月分を提案してきました。 &emsp;Aさん「自分ひとりでは出来ませんでした。借地借家人組合の力にびっくりするとともにこれで安... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/02 00:49
失業中に明渡請求 (東京・立川市)
&emsp;立川市高松町のアパートに住むAさんは、入居して21年になる。昨年7月にアパートが差し押さえになり、競売が開始決定を受けた。Aさんは抵当権が設定される以前から住んでいる。結局、競売は取り下げられ、10月に立川市内の分譲住宅販売会社が建物と土地を買い受けた。 &emsp;9月になって前家主と管理会社・新家主の名前で、Aさん他アパートの入居者全員に対し、12月末日をもって賃貸契約を解約すると通告してきた。 &emsp;Aさんは、11月に組合主催の「更新料問題学習会」の開催を知り、参加し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/26 12:53
突然、家主が建物を売却 (東京・豊島区)
&emsp;豊島区長崎に住むYは周辺一帯が平屋建が多い借地上の1軒家の建物を借りて30数年経過した。建物も相当老朽化してきたが、まだまだ住めると思っていた。 &emsp;ところが、2010年の8月に家主から老朽化を理由に明渡しを請求された。突然の通知に驚いて家主であるAさん(東北地方に居住)に問いただしたところ、家主は「周辺一帯をマンション業者が地上げし、私も借地を売買してしまった。10月までに立ち退いてもらえないか」という話であった。 &emsp;地元の区議会議員に相談したところ、「こうい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/25 10:41
借家の立ち退き請求事件 (静岡)
&emsp;静岡借地借家人組合が現在関わっている「明渡請求事件」は7件ある。その中の1つが、老朽化を理由にした貸店舗の明渡請求裁判だ。 &emsp;Kさんは裁判で、「家主は退去請求を撤回し、借家人は深夜1時以降の営業を自粛する」を弁護士抜きで勝利和解したのである。この裁判で得た教訓は「正当事由のない退去請求は通用しないこと」に確信もち、粘り強く闘うことの大切さが分かったことだ。 &emsp;これで一件落着と喜んでいたところ、今年4月末家主から「裁判で次回の契約更新拒絶を主張したので、9月末で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/14 09:24
実行が不透明な道路整備を理由に店舗の明渡請求 (東京・練馬区)
&emsp;東京練馬区で店舗を借りて商売をしているAさんは、今年の3月に家主の代理人である弁護士から「道路整備計画の対象になっており、建物を取り壊すことになったので、更新を拒絶します」との通知を受けて、びっくりして組合事務所に相談に来ました。 &emsp;区役所の道路課に問い合わせたところ「計画はあるが、即実行できるというわけではない」と回答があり、しかも、お隣の店舗を借りている人には、立退きの請求もしていないという話でした。 &emsp;これは、家主が区が出す立ち退きの補償を借家人にできる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/26 18:50
大東建託が事実無根の書面で追い出しを画策 (奈良・奈良市)
&emsp;奈良教育大学や新薬師寺の近隣の奈良市高畑町の木造住宅に住む4世帯の借家人へ、今年8月上旬「家主から委任を受けた。老朽家屋で危険であるので10月末までに明け渡せ」と大東建託(株)奈良営業所社員2名が住民へ迫ってきました。 &emsp;一人暮らしの90歳を超える住民の1人へは、身内へ、「お母様の現況について」との書面を送り、「最近近隣を徘徊なされておられ近隣先から何回となく連絡が来ている」「7月初旬に市役所に相談しましたところ、一度本人と面談します」などと書かれていました。 &ems... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/02 18:37
隣接借地人が地上げ業者から底地を買取り、借地の明渡請求 (東京・大田区)
&emsp;大田区西六郷地域に約16坪(私道分含む)を賃借中のAさんは夫の借地権を継承し、この程地上げされ80歳の老齢で地上げ屋と対決している。 &emsp;土地を買うか借地権を売るかという地上げ屋に対し「買うにもお金はないし、気に入った所なので移転する考えはないことを伝え、高齢者をいじめるなと」主張すると、警察を呼んでも問題はないよ低姿勢となったという。 &emsp;区の法律相談で組合を紹介された。相談は地上げ屋の勧めで隣接者(同一借地人)が、Aさんの底地を買取る検討をしているとのことで、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/02 18:20
老朽化を理由にアパートの明渡請求を白紙撤回 (神奈川・川崎市)
&emsp;Nさんは川崎市中原区中丸子のアパートを16年賃借しています。平成21年12月1日付で、平成23年11月30日までの2年間の更新契約を締結しました。 &emsp;平成22年、5月28日付にて、家主代理人不動産業者より、取り壊しのため年内立ち退き通知を受けたNさんは、消費者センターに相談したところ借地借家人組合を紹介され、早々に組合を訪問して協力要請の申し入れがあり組合に加入しました。 &emsp;その後、組合員と協力して、家主・不動産業者と再三折衝を重ねてきましたが、折り合いがつか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/22 18:16
建物の老朽化を理由に明渡請求調停 (京都)
&emsp;戦前に、吉野さんの曾祖父が借りた借家、その曾祖父がなくなったのち、祖父・父・母・と代が変わり、そして今は吉野さんが住んでいます。確かに古くはなっていますが、その都度自分らの費用で修理もし、十分に住み続けられる建物です。 &emsp;にもかかわらず、この程「本件建物は戦前に建築されたものであり、築80年近く経過し、老朽化が著しい。本件建物の安全性が維持できないので明け渡せ」との調停が申立てられました。 &emsp;吉野さんらが自費で改修してきた経過などはまったく無視した言い方です。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/19 18:13
【Q&A】 家主の地代不払いを理由に地主から借家人への明渡請求が認められるのか
(問)&emsp;借地上の建物を賃借しているが、突然地主から家主(借地人)が地代を長期間滞納したので債務不履行を理由に借地契約を解除したと通告された。6ヵ月後に建物を取壊すので早急に建物を明渡すよう要求された。地主の要求に応じなければならないのか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/12 09:47
組合に入会して立退き補償を大幅に増額させる (東京・新宿区)
&emsp;東京西新宿の都庁の近くに住むHさんは、副都心に近く利便性の高いこの4階建のマンションに住んで6年経過しようとしていました。 &emsp;2年前に、新しくマンションを買取ったという業者がやってきて6か月後に立退くよう請求されました。何も知らずに出て行こうかと考えていましたが、引っ越しするにも費用がかかりその補償について、相場などを知りたいということで知り合いなどに聴きまわっていました。その時に、借地借家人組合の存在を知り、デパートの相談会に参加しました。 &emsp;相談員から「明... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/31 09:39
耐震検査で取壊し勧告を受けたという嘘の理由で明渡請求 (兵庫・神戸市)
&emsp;神戸市東灘区で文化住宅を借りているA子さんは、非正規の美容師さん。定職できず家賃も2カ月滞納し、生活不安の状態です。 &emsp;家主の代理人と称するTコンサルタントから、敷金全額返還を条件に6月末までに明け渡せと5月上旬に通知されました。震災後の神戸市の耐震検査で取壊し勧告を受けたというのが明け渡しの口実です。 &emsp;途方に暮れたAさんは、Tコンサルタントの強引な退去交渉に「明渡合意書」に署名捺印してしまいました。Aさんは、引っ越し先を探しに仲介業者を訪ねって、移転先を確... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/25 09:23
建物明渡請求調停から本裁判へ (静岡)
&emsp;平成19年2月「築35年の集合住宅が古くなったので2か月後に退去せよ。敷金は返す」と建築業者T社に勧められた家主Mから退去請求があった。 &emsp;Kさん達は「退去請求には正当事由が無い。予告期間2カ月は借地借家法違反である」と拒否した。T社は「改めて6か月後の退去を請求する・退去費用で交渉したい」と申入れがあった。 &emsp;同年4月、家主M・T社とKさん達・静岡借地借家人組合役員の団体交渉が行われたが、借家人の目の前で、家主MとT社が「立退き補償問題」で大喧嘩となった。ほ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/22 00:45
借家の明渡請求を白紙撤回 (神奈川・川崎市)
 Aさんは、戸建て1棟を30年来賃借しています。6月に家主代理人の不動産業者から借家の明渡通知書面が、Aさんに送達されてきました。Aさんは消費者センターに相談したところ、借地借家人組合を紹介され、早速組合に加入し、組合と共に家主と交渉を重ねました。Aさんは、長年石材業を営んでおり、移転は死活問題となるので、明渡を拒否していく決意を固めました。  Aさんと組合は、家主と粘り強く折衝を重ね、書面での確認を再三行ったところ、一定の条件提示がありました。Aさんが提示条件の拒否回答を書面でしたところ、相... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/21 18:00
26年も借りている借家を明渡せとは (千葉・柏市)
 千葉県柏市に住むYさんは、大家さんと不動産業者が家にきて家(約築50年)が古くなったので明渡してほしいと言われ、あわてて相談会にこられました。  Yさんは、2年前までは契約書もなく口約束で、家が古いからこのままで長く借りてほしいと大家さんから言われていたので安心していました。  2年前に不動産業者に契約書を書かされ、今年3月に入り建物が老朽化してきたという理由で火災、地震など安全面が不安だから建物を解体すると言ってきました。よく契約書を読むと既に3月23日に法定更新されているので、あわてる... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/27 19:57
借家の明渡請求で (東京・葛飾区)
 賃借人は独り暮らしの若い女性で、アパートに居住して2年が過ぎた。家主代理人から明渡を求められ、組合員の紹介で葛飾借地人組合に入会した。  組合から明渡を拒否する旨の書面を家主に通知した。すると家主側から明渡料として8か月分の賃料相当を提供するとの提示があったが、直ぐには応じられないと回答した。  数か月後、家主側から当組合を通じて話合いたい旨の意思表示があり、組合も本人の委任を受け代理人と明渡料1年分を提供する旨で合意(本人も了解)。  現在は引越も完了し、安心して居住できると喜んでいる... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/17 19:23
借家が売却され、業者から明渡請求される (東京・大田区)
 大田区矢口地区は、JR蒲田駅で東急多摩川線に乗り換えて武蔵新田駅下車すると便利な地域である。下車駅から徒歩約10分のところにある木造2階建居宅1棟1戸建を賃借中のTさんが組合事務所を訪ねてこの程入会した。  昨年12月から今年の1月にかけて、数カ所の底地や家屋を売却したのか2月なって家主より売却したとの連絡があり、3週間後に取得者の業者が訪ねてきた。5月には建物を取り壊して更地にしたいので明渡してほしいと言ってきた。 Tさんは業者が移転先を探すというので、10万円の家賃でペット可の一戸建を矢... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/24 09:14
先代の家主が亡くなった途端に店舗の明渡し請求  (東京・大田区)
 大田区中央地域所在の木造瓦葺2階建店舗兼共同住宅の内、階下東南角店舗約4・5坪を賃借して、鮮魚店を営んでいるAさんは、明渡しを求められて知人の紹介で組合に入会した。  現家主の先代に請われて店を開き、先代は狭い店内を有効に活用するために色々と設備を施してくれる協力的な家主だった。先代家主夫妻の死去後相続人の息子は屋根を葺き替える等の補修工事を行っているのに建物の老朽化や自己使用を理由にしてきた。家主の代理人弁護士は、家賃が坪1万円と安いので立退料は家賃の1年分という提案をしてきたので拒否する... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/21 00:39
寝たきりの91歳の高齢者に明渡請求 (東京・荒川区)
 荒川区南千住1丁目で昭和50年5月末より木造2階建住居を借りて住んでいるAさんは、長男と2人で住んでいて、他区にいる娘さんが借家契約の保証人になっている。Aさんは91歳と高齢の上寝たきりで毎日を送り、その面倒を自営業の長男がみている。  昨年暮れに家主の代理人と称し行政書士が現われ、「今年5月末で契約が切れるし、築後31年経っているので老朽化したので立退いてもらいたい」と言ってきた。同時に保証人の娘さんにも内容証明郵便が送られてきて至急回答せよとのことだった。  Aさんの長男は、寝たきりの... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/05/18 07:49
建物を買取った不動産業者が1か月後に明渡せと強要 (京都・左京区)
 京都市左京区。2連棟の借家(うち1軒は空家。土地と建物所有者が別人の物件)を投機目的で買った不動産業者。早速借家人であるAさんに明渡を迫りました。組合と共にその業者と数回交渉を重ねてきました。町内会の役職もあって明け渡せない理由も主張しました。  それでも出て行けというなら、1つは町内の役職の終わる来年3月末、2つは商売柄電動ミシンなどを使うため、移転先の建物を防音装置などの改造が必要なので、その資金の補償を要求しました。  明渡時期は合意し、改造費の見積書を見た上で検討することまでは合意... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/28 10:34
築後80年以上の長屋の明渡請求訴訟で朽廃が否定された (東京・台東区)
 島田さんは台東区三ノ輪の借家に昭和50年3月から居住している。この借家は島田さんの奥さんの生家であり、奥さんの親が昭和11年から借りていたものを承継したものである。家賃は1か月3万6500円である。  建物は昭和2年8月に保存登記されたもので、既に築後80年以上を経過した3軒長屋である。島田さんは、その中央部分を借りている。  現在の家主は長屋の隣のビルに住む自営業者である。平成16年5月に、地主に承諾料70万円を支払い、月額地代を4万5000円を支払う約束で、それまでの家主から借地権付き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/09 00:37
視力障害の借家人に不動産屋が言い掛かりをつけ明渡し請求 (東京・豊島区)
 豊島区池袋に住むBさんは、かすかに光と像を感じる程度の視力障害を持っていた。そのために生活保護の申請をし、生活をしていた。  今年に入り家主の代理人兼管理人である地元の不動産屋より、「大声で騒いでいる。一人用として貸しているのに数人で住んでいる」などの言いがかりをつけられ、ただちに明け渡せと請求された。地元でも、言いがかりをつけて賃借人を脅かしたり、他にも保証会社と結託して無理やり保証契約を締結することなどで、有名なこの不動産屋は、賃借人とのトラブルなどがあとをたたない。  相談に来たBさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/23 01:34
入居8ヶ月目のアパートの明渡しをストップ (神奈川・川崎市)
 川崎市中原区のアパートに昨年11月に入居したAさんは、入居して8ヶ月目の今年6月家主からアパートの設備が老朽化し、地震の影響等を考え来年1月に取壊すので今年の12月末までに退去を要請する文書が送付された。  やっとの思いで見つけたアパートの突然の明渡しに驚いたAさんは、ネットで組合の存在を知り相談した。契約は来年の10月末まで存続しており、家主の解約は認められない旨のアドバイスを受け、組合と連名の文書で明渡しの撤回を求めた。  家主から連絡が入り、移転費用は支払うので協力してほしい旨をいっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/19 00:55
管理会社が地主と家主の代理人となって明渡し請求
 大田区大森南*丁目所在の木造平家床面積約66uの2戸建の手前部分(更地の奥)を賃借中のYさんは、家主から依頼された管理会社から建物を明渡すよう通告をされた。  家主は借地人で更新料問題で組合からアトバイス受けて不払いの対応をしていたが、建物奥部分の借家人の死去により家賃収入が減り地主に借地権買取を申し入れたところ、地主代理人の管理会社は更地にすることを条件にしてきた。  永年にわたりとくに借地人のトラブルで組合と協議を重ねてきた不動産管理会社は今度は借家の明渡しで家主の代理人も務めることに... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/22 09:26
借家人全面勝利の判決 (京都地裁)
        借家明渡請求も         賃料値上げ請求も棄却  「土地転がし目的」で4度も家主が替わる 2003年〜2005年の約2年間に4度も家主(すべて不動産業者)が替わったが、土地転がしが目的だったことは明らかです。AさんとSさんは、家主が替わる度に明渡請求をされていました。2人は組合に加入・相談しつつその都度徹底的に拒否をしてきました。  05年9月に底地買いした現在の家主は、嫌がらせ的に10倍もの賃料値上げ請求の調停を申立ててきました。到底応ずることはできないので調停は不調... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/18 00:22
明渡し請求に退去拒否を通告 (静岡市)
 静岡市内のOさんは、昨年、退去予告期間(6ヶ月)を無視した追い出しに失敗した家主が、性懲りもなく業者を変えて「今度は6ヶ月前に予告した」と退去の請求をしてきました。  家主から委任された建築業者Z社から「移転費用は、工事費の中で確保してあるので、補償額を申し出て」との提案がありましたが、Oさんは、「昨年の執拗な脅しまがいの追いたてで神経系統の病に冒され、完治していない」と退去を拒否。Z社は、それでも退去補償の概算を迫り、Oさんは転居の意思は無いとしつつ、一定額を示しました。  Oさんは、「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/18 10:21
生活保護受給で住まいを守る (大阪市西成区)
 大阪市西成区山王町3丁目の賃貸マンションを賃貸中のAさん老夫婦へ、家賃滞納を理由にして「直ぐに出て行け、家具類は処分する」と茨木市に住む家主から口頭で通知されました。  途方に暮れたAさんは、西成借地借家人組合の藤原組合長を訪ねて相談。組合で事情を訊くと、Aさんは、ご主人とが寝たきりで奥さんの年金が生活の支えとなっており、家賃の支払が困難であることが明らかになりました。  藤原組合長は、家主へ「事情は聞いた」と連絡し、家主からは「生活保護を受けるように勧めた。もう何年も前から家賃の不払が続... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/06 09:55
立退料家主提案の50%増で決着(家賃の約46か月分)
 大田区南馬込*丁目の木造2階建住宅を月額65,000円の家賃で賃借中のBさんの家主より、建物付借地を返還された地主(新家主)は平成10年4月に建物朽廃を理由に明渡を通告。  家賃の約30か月分補償の提示を金子さんは、金額に不満はないが日当たりはよく最高の住環境を失いたくないと組合を通じて拒否。家主は直ちに10年以上も値上げがないと15,000円の家賃増額請求、これに7,000円を回答したが合意に至らず供託。  一昨年末Bさんに転勤が持ち上がり、拒否した明渡を如何に復活させるか困惑の日々の中... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/17 08:51
明渡し調停、家賃50カ月分で和解 
 足立区江北町で年金収入で生活する新藤さんは、ある日突然家主が変わった。借家の老朽化を理由に3ヵ月分の家賃はいらないから立退くように言われた。また、借地権を150万円で購入を迫られビックリした。家主に連絡するが「関係ない」と言われ途方にくれる。  他団体の紹介で組合に相談に来る。業者に都営住宅転居するまで移転できないと家賃を供託する。6ヵ月後に家屋明渡しの調停の呼び出しを受ける。建物も築70年を過ぎていることから、約50ヵ月分の家賃を条件に解約の和解に応じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/14 00:37
借家の立退き交渉
 昨年9月組合事務所を尋ねて来たAさんは、居住する大田区久が原*丁目所在の木造瓦葺2階建共同住宅の建物の老朽化を理由に、建替えるからと明渡しを請求され、家主が不動産業者を連れて来て立退料5万円を提示し、印鑑を押すようにと強要されたが拒否して頑張っているということだった。  約16・5平方メートルの部屋を月額4万円の家賃と管理費1000円で借りているが、1ヵ月程度の立退料では、移転は出来ないのは明らかにも関わらず、この現実を考慮せずに補償内容が他の賃借人に波及することをいやがる家主とこの家主に追... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/11 09:50
建物の老朽化を理由に明渡し請求
 大田区南蒲田&#8727;丁目所在、木造2階建共同店舗兼居宅の一角を賃借し、天ぷらの店を営んでいたKさん。高齢のため廃業してしばらくした昨年秋ごろ、建物の老朽化を理由に家主は、建設業者を介して明渡し求めてきた。  建物の相当古い現実を踏まえて交渉に応じたが、補償金を出し渋り、明渡し期日は業者の都合での強制で進行せず、4月や6月の期日を押し付けられる状況となって、相談先が見つかり6月末入会。  組合は業者に正当性がないにも係わらず、明渡しを求めるならばKさんの希望に応えることが望ましいと伝え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/08 09:40
地主が経済状況悪化で借地明け渡しの和解条件を拒否
 大田区蒲田本町*丁目所在の宅地約9坪賃借中のAさんと宅地約12坪賃借中のBさんは、北海道旭川市に住む地主から自ら使用するからと、弁護士を介して借地権を買取りたいとの申し出による協議は整わず裁判となる。  地主は東京に商売の拠点として事務所を開くとの願望が強く、売買代金を合意時に支払い、土地の引渡しは借地人らが死去後とし残金は相続人に支払うことで和解協議が進み、A・Bの両氏は家族らの了承を取り、裁判官の指導もあって協議が合意に至ったが、和解成立という当日になって地主は経済事情の悪化により、和解... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/13 01:07
借家を買取った不動産業者が明渡請求
 大田区大森西*丁目所在の木造2階建一棟37・26u築50年の建物を賃借中のMさんが知人の組合員の紹介で入会したのが8月。隣接の共同住宅18・18uの部屋築37年を賃借の息子共に、契約解除明渡しを求められて悩んだ末に知人に相談したという。  この建物を買い取った不動産業者が契約期間を無視して解除明渡し請求なので、組合は直ちに業者に撤回を申し入れた。築50年の建物の訴訟を考えると現状を維持することが得策とは成りえず、業者と条件交渉に入る。  問題は築50年の老朽状況と家賃が低額であるために交渉... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/22 08:52
契約4か月後に立ち退き請求される (横浜市港北区)
 横浜市港北区高田西で平成19年11月1日、2年間の条件で借家の賃貸借契約を結んだKさんは、入居後わずか4か月後に家主の代理人の建設会社から明渡を請求されました。  Kさんは、インターネットで組合の存在を知り入会した。組合の支援を得て、建設会社と話し合いを重ねて来ました。  その間家主側からの嫌がらせもありましたが、組合側は、基本的には2年間の期間で賃貸借契約が存続しており、明渡に応ずる意思のないことを、家主へ内容証明郵便で通知したところ、家主側の態度が一変し、Kさんの要求通り合意を勝ち取り... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/15 08:49
地代の未払いと増改築違反を理由に明渡しの調停
 豊島区西巣鴨に借地して50年以上になるAさんのところに、昨年末、亡くなった地主の相続人である長男から、相続人代表としての挨拶と地代の請求書が送られてきた。  いつもどおりに指定された銀行に1年分の地代を送金しておいたところ、今年に入り、Aさんの土地を相続したという地主の長女の代理弁護士から契約書に記載されている当月払いの賃料が支払われていないのでただちに支払うよう内容証明が送付されてきた。  不安を感じたAさんは知り合いの司法書士に相談した。まかせなさいといわれ安心していたが、今度は9月に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/10 07:56
50年以上前の増改築を無断との理由で家主が建物明渡訴訟 (京都)
 2007年9月、京都市伏見区で借家住まいの伊藤さんは、京都・伏見簡裁で勝利判決を勝ち取ったところ、家主から50年以上も前に行った家屋の改築を取り上げ、「無断増改築」との難癖をつけ、「契約解除・建物明渡請求」の裁判を京都地裁へ提訴されました。 2008年8月7日、京都地裁は、借家人の伊藤さんへ「原告(家主)の請求を棄却する」という完全勝利の判決を下しました。  判決理由では、「被告の生活(居住及び収入源である営業)を維持する最も基本的な条件である本件建物の賃貸借の継続を危険に陥れるような選択... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/02 01:21
家主が交代すると即時明渡調停を提起されたが
 足立区江北町に住むAさんは、昨年8月に借地人の家主が業者にかわった。   早速、家屋の老朽化を理由に明渡しを要求されたが、少ない年金とパート収入で生計を維持しているため、他へ移転すると生活できない。地元の議員さんを介して組合に相談に来た。組合を通じて業者に対して「都営住宅に入居するまで明渡しはできない」と回答した。賃料の受領を拒否され、直ちに供託した。  今年の2月、弁護士を介して調停に持ち込まれたが、Aさんは病気で入院中のため出廷を拒否したところ、調停は不調となった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/29 08:12
僅か2万円の立退料で明渡せとは
 荒川区西尾久7丁目の4階の1室を昭和55年8月から借りている。Aさんは昨年7月に突然家主から明渡してほしいと口頭で言われた。  マンション全体で14部屋のところ、次々と入居者が立退き現在Aさんを含めて2世帯しか住んでいないので採算が取れないというのが明渡の理由だ。  Aさんは、9月に入って引越しの条件を話し合うよう申し入れた。3日後家主から連絡が入り「ネット等で調べたが、Aさんは夫婦2人暮らしで家財道具はあまりない筈なので2万円位でどうですか」と回答が来た。Aさんは、馬鹿にするも甚だしいと... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/25 00:32
借家の明渡裁判で借家人が全面勝訴
 神奈川県相模原市で2階建の借家56平米を借り8年前から住んでいるFさんは、家主から突然昨年4月に明渡しの裁判を東京地裁に申立てられました。  明渡しの理由は、@契約更新時に「借主に不利な契約条項」について改定を求めたことが信頼関係破壊に当たる、A更新料を家賃の半額しか払わないのは債務不履行である、B建物が老朽化しているので建替えて家主の長男に住まわせるという内容でした。 &nbsp;&nbsp;あまりにも理不尽な明渡し裁判ですが受けて立つしかなく、さらに家主の代理人の弁護士は膨大な訴状や書... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/14 09:58
大東建託の騙しの明渡し交渉
 賃貸住宅の管理戸数全国NO1で30年一括借上を宣伝している大東建託だが、今年の2月に家主の代理人と名乗り突然調布市に住むSさんに対し7月までに立退くように連絡してきた。  同社の社員は引越しの費用は大会社なので心配いりませんと言葉巧みに明渡し承諾書にサインさせた。 ところが移転先も紹介せず、移転費用も提示してこない。  困ったSさんは、組合に相談し、組合が交渉して7月中にやっと引越しができた。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/02 09:05
建物老朽化と耐震性を理由に新家主が明渡し請求
 練馬区桜台で、長屋形式の借家で、1階で電気店を営み2階で居室を賃借しているAさんは、この地で長年住み営業をしていた。当時の家主は親切で、安心して営業し生活をしていた。  ところが、今年の2月に新しい家主が現れた。そして5月に「建物の老朽化と耐震性を理由に補修の努力を越える修繕が出来ず、賃貸人としての責任を全うできかねる」とし、来年の更新時に更新拒絶を通知してきた。  この通知をみて心配で寝ることも出来なくなったAさんは池袋の西武百貨店の相談会にやってきた。正当事由のない明渡し請求には応じる... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/13 00:14
3年半に亘る借家の明渡交渉が解決した
 江戸川区東小岩の平屋建て借家に住むMさん達3軒は3年前の05年3月5日に不動産屋から「戦後直ぐに建てた建物なので老朽が激しいため今回の契約期間満了で契約を解除するので更新しない」との文書が送りつけられ、5月11日に組合に入会した。  当初1軒15万円の引越料が、10月には30万円になり、不動産屋は「そちらの要求額を提示してほしい」と言ってきたので、組合は金額を提示した。05年12月に不動産屋より1軒100万円の提示があり、その後も数回文書の交換と話し合いを重ねたが進展がないまま、業者がユアー... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/12 08:52
レオパレス21が強引な明渡請求裁判
 レオパレス21は、全国各地で老朽借家の明渡しで家主の依頼を受け、明渡しを請求する事件を起こしている。ワンルームマンションを建設し、一括借上げで家賃等の管理を行なうというやり方で急成長しているが、明渡し請求でも強引なやり方で、組合にも相談がいくつか寄せられている。  府中市*町に住むYさんとUさんは、40年以上今の借家に住んでいるが、2007年9月に家主とレオパレス21の社員が来て、ワンルームマンションを建てるので12月一杯で退去するよう求めてきた。Yさんたちにとって、あまりにも急な話で返答に... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/11 09:36
アパートの契約者が退去し、残った同居人が立退きを迫られる
 葛飾区に住む借家人の佐藤さんは、アパートの明渡しを請求され、どのように対処したらよいか悩んで組合に相談に来た。  事情を聴くと、契約者であった方と同居していたが契約者が1年前に退去し、その後は佐藤さんが家賃を支払い続けている。  弁護士に相談したところ、損害賠償を請求されるので明渡しに応じた方がよいと言われた。  佐藤さんは、75歳と高齢で新たな契約をするための連帯保証人を頼める人もなく、アパートに居住し続けたいとの希望である。家賃は佐藤さん名義で提供し、家主はこれを受領している。従って... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/10 09:38
地代未払いを理由に借地契約を解除通告される
 板橋区仲宿で借地していた中野さんは、高齢で老人ホームに入居することにした。息子さんがこの借地を代わりに管理することにした。息子さんは、実の母親と嫁の実家の母親の入院騒ぎで、地代を今年の1月から支払っていなかった。  地主本人も体調不良で入院となり、その息子が管理者となった。その息子が5月になっていきなり5ヵ月分の地代が未納で契約書第5条1項に記載されている3か月分以上の賃料の支払いを怠ったときに抵触するので契約を解除すると電話で通知してきた。  あわてて地主のところに6か月分の地代を支払い... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/30 01:06
立退料として家賃の80か月分で合意
       建物を買取った不動産業者から立退請求  東京の豊島区でクリーニングを営業していた中沢さんは10数年前に建物の老朽化を理由に家主から明渡しを請求され、家賃の受領を拒否されたので供託していました。  その後、道路拡幅の問題がおこり、話し合った結果、建物をセットバックし新しく20メートルとなる道路沿いに新築の家に引越することで双方の合意ができました。引越した直後に中沢さんは突然死し、高齢の母親だけで居住することになりました。  数年は何もなかったのが、昨年の10月、突然建物を買取っ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/24 09:14
現行地代の2倍値上げが拒否されると土地明渡請求
 JR青梅線福生駅から約200メートル北西に向かった福生市福生でクリーニング取次店を営業するBさんは、昨年11月以来地主の代理人の不動産業者と協議が始まった。当初土地の売買の話があり坪当り30万で売るという話を持ち出しておきながら、地主は坪40万でないと売らないと言い出し、結局地主は気が変わったと言って売買の話は不成立になった。  更新の話に移り、地主の条件は更新料300万円で地代を現在の倍額年30万円に値上げすると伝えてきた。Bさんは今年に入って組合と相談し、更新料と値上げについて地主側の言... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/21 00:43
立退料100万円と引換えに建物明渡請求の裁判を提起された
 国立市富士見台で共同住宅に居住しているAさんは、平成15年6月に家賃1か月月5万3000円、共益費1000円で入居した。  入居2年後に突然不動産業者を通じて立退きを請求された。Aさんは立退きを拒否したが、他の入居者は退去し、8室の中で残ったのはAさん1人だけとなった。  平成19年8月に家主の代理人の弁護士から6か月月後に解約するとの通知が送られてきた。Aさんは、病気を抱え移転するだけの経済力も体力もなく組合と相談の上明渡しを拒否したところ、2月に裁判所から建物明渡し請求の訴状が届いた。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/15 09:24
地主が借地の明渡を通知してきた
 豊島区駒込で借地している10数人のグループは、20年前の更新の際に更新料の問題で地代の受領を拒否された。以来、20年間にわたって供託をしてきた。グループとして毎月第3水曜日に、地代の徴収をかねて全員が集合してきた。  この間にも、地主からの様々な嫌がらせもあった。修理修繕をしている借地人に対して、大修繕や改築に当たるなどと主張し、中止を要求するなどの行為や大声でわめくなどのいやがらせ行為など後を絶たなかった。  その地主から、この2月に借地人10数人に内容証明の郵便が送付されてきた。びっく... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/14 09:32
店舗の明渡が一転共同ビル内に移動で合意
 池袋駅近くの共同ビルで小料理屋を営む赤坂さんは、家主から明渡しか賃料の値上げを求められ、このままでは商売を続けることが出来ないと組合に相談した。  組合の存在は知人を通じて賃貸借のトラブルだったら組合に相談するのが一番と言われていた。明渡し請求には正当事由がないこと、賃料の値上げは双方の合意がないと出来ないので拒否することで家主と交渉することになった。ただ、家主も事情があり、こちらにも事情があるので、5年から10年の賃料は現行の据置で定期借家契約という提案も検討することにした。  組合が交... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/09 09:22
更新料支払請求から借地の明渡請求へ
 豊島区西池袋に住む荒川さんは、養子縁組で実の父の親からこの土地の借地権を相続した。  更新の時期になり、地主の代理人の弁護士から更新料の請求がなされた。 その弁護士と話合いをしている最中に洗濯干し場の老朽化を理由に明渡し請求の裁判をおこされた。  当初、知合いの弁護士に依頼していたが、更新料や明渡し問題で妥協するよう求められ納得できずに組合に相談した。  組合は顧問の弁護士を紹介するとともに正当事由のない明渡しと合意のない更新料の支払いには応じる必要がないので頑張るように話した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/07 09:41
地上げ屋が立ち退きを要求
退散しろ 地上げ業者 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/18 09:31
借家の明渡調停中に家主が駐車場の解約を突然申入れ
 府中市若松町*丁目で、木造スレート葺の居宅1棟約13.5坪を借りているNさんとOさんは、8月に家主の依頼を受けた不動産業者から突然10月末までに明渡すよう通告されて以降、組合から明渡しを拒否する文書を出し、その後の話合いで業者は手を引いてしまった。  その後、組合立会で家主との話合いの席を設けようとしたが、家主は拒否し、弁護士を代理人に立て10月に建物明渡しの調停を立川簡易裁判所に申立ててきた。  調停での話合いをすすめているさ中、家主はNさん達を訪ね「甲州街道沿いの道路は閉鎖するので、駐... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/12 01:11
地主が土地の有効利用を理由に明渡し訴訟
 大田区蒲田本町に居住するAさんは約9坪、Bさんは約12坪の土地を賃借。今年の7月の契約更新に当り更新拒絶を通告され昨年6月組合に入会。  通知書を見て驚く、借地権を現在の地代の約54年分(Aさん)、約42年分(Bさん)に消費税を加えて買い取るとの内容だった。  直ちに借地人らは、所有する建物が現存するので借地法第4条による契約の契約更新を請求した。  しばらくして地主の代理人という、六本木ヒルズに事務所を構える弁護士から内容証明郵便にて、土地の有効利用を理由に更新拒否して地主が提示した金... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/08 08:46
家主の明渡し請求を撤回させる
 荒川区西尾久で4階建マンションの1階店舗(約12坪)を借り電気店を営むQさんは、4年前の秋に漏水事故が発生し家主からマンションを建て直すから明渡してほしいと通告された。  このマンションは2階から上は居室で20数世帯以上の入居者がいたが、水道の設備が悪く時々漏水事故が数箇所で発生していた。  店舗を借りている人は6店舗だが、気がついてみると居住者も減り店舗も3店舗となった。更新時が来る人から徐々に立退いたようだ。Qさんは最後まで残って営業を続けていた他の2人に声をかけ3人で組合に相談し入会... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/05 00:04
再開発理由で明渡し
  家主が不調後に業者に売却 新家主も同じ代理人通じ明渡し請求  新宿副都心の西新宿で美容室を営業している佐伯さんは、昨年家主から再開発を理由に明渡しの調停にかけられた。  新宿副都心の西新宿で美容室を営業している佐伯さんは、昨年家主から再開発を理由に明渡しの調停にかけられた。  家主の代理人の弁護士から立退きの補償はいくら位なら明渡しに応じるのか返事してほしいといわれ、知合いの内装屋さんに美容室の内装費用を見積もり、5百万円から6百万円かかるといわれ相手に通告した。  家主の代... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/02 10:15
立退きの威圧行為に50万円の慰謝料を支払え(京都地裁)
 京都市南区の1棟2戸建ての木造2階建て借家に住むAさんは、ワンルームマンション建設を理由に家主と管理業者から脅迫的な言葉で立ち退きを繰返し強要されていました。  棟続きの隣りの空家の取壊しの際に、その廃材を通路や玄関口に散乱させるなど、嫌がらせを受けていました。思い余って、家主と管理業者に対して200万円の損害賠償を京都地裁に訴えていました。  2007年10月18日、京都地裁は、「隣接家屋の取壊しは女性に圧力をかける目的で、不法行為に当る」として50万円の支払を命じました。  判決によ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/01 08:56
築69年の借家の明渡し請求されても移転できない
 足立区江北町で長屋を借りている堺さんは、今年の6月末に突然不動産屋が現れ、立退くか借地権を買取るか二者選択を迫られた。  家主を訪ねたが「もう関係ない」と突き放された。堺さんは、地元の議員の紹介で組合に相談に来た。  建物は築69年で、老朽化を理由に立退きを請求され、家主は弁護士を代理人に立ててきた。堺さんは、週2回のアルバイトと僅かな年金で、弁護士からは現家賃(3万5千円)の1年分の立退料の提示があったが、到底移転できそうもない。交渉を継続中。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/29 02:14
建替えるという理由で明渡請求される
 目黒区自由が丘でアパートを借りている川西さんは、部屋の扉に張り紙で、「建て替えるから9月中に立ち退いて下さい。」との通告を受け、川西さんはびっくりして組合に相談。  組合から、立ち退けない旨を家主に通知すると、家主は「他の人は1ヶ月の敷金を返しておとなしく立ち退いてくれたが、2ヶ月分を立退料として出しましょう。」と回答。  川西さんは、単身で働きながら生活をしているので、急に1ヶ月中に立ち退けとは、人の生活を無視した乱暴なやり方として許せない。現在の住まいから立ち退いてしまうと、勤務先への... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/18 09:45
建設業者が突然訪ねて来て建替えるから明け渡せと通告して来た。
 足立区梅島の五味さんは、店舗を借りて美容室を35年経営している。良いお客さんに恵まれ子育ても終わり、ほっと一息つけるようになったのでお店の改装を行おうと思っていた。  丁度その時、家主の代理人という建設業者が突然訪ねて来て建替えるから明け渡せと一方的に通告して来た。  2年前の暮も迫った時のことだったので、ビックリして組合に駆け込んだ。 ただちに、組合が家主と直接交渉をすると、「いろいろな都合があって断われないんです。五味さんが絶対でないでくれれば助かる」いう始末。  家主のこの返事に気... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/14 09:27
二度目の明渡し
 大田区南蒲田2丁目木造モルタル2階建店舗兼共同住宅の内、南側階下店舗約24平方メートルを賃借して「はるこ」という飲食店を営んでいる持丸さんが、知人とともに深刻な顔で組合事務所を訪ねられた。  取り壊し予定の建物を7年の期限限定で賃借したが、家主は建替えを取止めたので、引き続き借りてほしいと云われて、引き続き今後もお店をできると思ったのに、数ヶ月後に再び明渡しを求められての相談だった。  契約書には期間限定でなく、更新料の記載はあっても金額は不記載であるが通常の内容。組合役員は契約書作成の不... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/01 08:34
1年がかりで粘り強く新家主と立退補償交渉を行った
 大田区南蒲田2丁目の室井さんが同地所在の木造2階建店舗兼共同住宅の内、階下南側店舗約33・8平方メートルと階上の居宅3号室に5号室(各和室6畳)を賃借して、洋品縫製業を営み始めたのは昭和44年でした。  これまで色々な困難は頑張りで切り抜けてきたのです。しかし、平成9年1月に家主が死去し、しばらく相続人が見つからず家賃の供託が約2年続き、相続人より相続財産の管理人の依頼をされたという弁護士と更新契約を締結した。  地元の不動産業者が建物の管理人となり家賃の持参先となって、状況が大きく変化し... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/24 11:36
家主が建物を売却した
 文京区本駒込のマンションの1階店舗で、小泉さんは、平成14年から美容室を営んでいた。今年に入り、家主から建物を売却したのとの通知を受け、同時に新家主という人物がきた。  新家主は自己使用のために来年の更新は拒絶する旨の通知をしてきた。心配になった小泉さんは、知人や無料の法律相談会など、いろいろなところに相談したが不安を解消できなかった。インターネットで検索したところ、城北借地借家人組合が西武百貨店で無料の借地借家なんでも相談会をやっていることを知って相談に来た。  借地借家法では更新を拒絶... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/14 01:27
明渡補償(家賃の111か月)で合意
 大田区南蒲田2丁目所在の鉄筋コンクリート造陸屋根3階建店舗兼居宅1棟の内、階下店舗部分23・8u(7・2坪)を賃借している當間さんは娘さんの協力を得てペットショプを営んできた。  2006年3月に平成18年年4月1日より平成21年3月末日限りとする、3年期限の賃貸借更新の契約書を公証役場で締結した。  それから1年2ヶ月経過した2007年の6月に、家主(不動産管理業者)が建物の老朽化と防犯防災等を理由に、今年の12月末までに明渡すよう通告してきた。  家主の事務所に呼ばれた當間さんは、保... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/13 09:34
建物の老朽化理由に明渡し求めてきた
 大田区南蒲田1丁目所在、木造2階建共同店舗兼居宅の一角を賃借し、天ぷらの店を営んでいた角張さん。高齢のため廃業してしばらくした、昨年秋ごろ建物の老朽化理由に家主は、建設業者を介して明渡し求めてきた。  建物の相当古い現実を踏まえて交渉に応じたが、補償金は出し渋り明渡し期日は業者の都合での強制で進行せず、4月や6月の期日を押し付けられる状況となって、相談先が見つかり6月末入会。  組合は業者に正当性ないにも係わらず、明渡しを求めるならば角張さんの希望に応えることが望ましいと伝え、賃料の約30... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/09 09:25
借家明渡で立退き合意
 大田区大森東2丁目、旧東海道(現在は美原通り)から左折してスルガヤ通り、この通りに面した鉄筋3階建店舗兼共同住宅の内、3階中央部6畳一部屋を賃借していた森さんが昨年12月、今年の6月末までに明渡すように求められて組合に相談。  早速、組合員であり組合を通しての交渉を書面で申し入れた。しかし、家主が組合事務所を訪れたのが6月になってからでした。  当初家賃の10ヵ月から13ヶ月分の立退料で他の借家人は応じたと強気でした。組合役員は家賃の安いに関わりなく一定の保障は必要と、家賃の28・5ヵ月分... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/07 00:41
建替えるから立退け
 目黒区自由が丘でアパートを借りている川西さんは、部屋の扉に張り紙で、「建て替えるから9月中に立ち退いて下さい。」との通告を受けた。  川西さんはびっくりして組合に相談した。組合から、立ち退けない旨を家主に通知すると、家主は「他の人は1ヶ月の敷金を返しておとなしく立ち退いてくれたが、2ヶ月分を立退料として出しましょう。」と回答して来た。  川西さんは、単身で働きながら生活をしているので、急に1ヶ月中に立ち退けとは、人の生活を無視した乱暴なやり方として許せない。現在の住まいから立ち退いてしまう... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/02 00:40
今は店を閉めたくないと頑張って明渡し拒否
 足立区江北に住んでいる儘田さんは店舗兼居宅を借りて50年定食屋を営んできた。今年に入って突然「マンションに建替えるから明渡せ」と「業者」に言われた。あわてて家主に連絡したら「もう売りました」の一言。途方に暮れていたところ知人の紹介で組合に加入した。  その後も毎日「業者」が定食を食べに来るが、顔を見るたび「明渡しできない」の気持ちが強くなる。5年前に夫が他界してから一人で細々とやっているが、開店以来の常連さんもいて「おばあちゃん頑張ってよ俺達来るとこ無くなるよ」と言ってくれる言葉に励まされて... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/30 09:25
マンションの明渡請求を撤回する
 大田区北千束3丁目にあるマンションの1室を賃借中の萩原さんは、明渡しを請求され組合を通じて条件を提示。業者は応じられず家主の明渡しを撤回させた。  しばらくして求められた更新の条件は、更新料(賃料1か月分)と仲介手数料(賃料半月分)というもの。これを聞いた組合役員は、直ちに不動産業者に契約にないことを承知で更新料と家主の代理人として交渉しながら手数料を請求する根拠と整合性の説明を求めたが、業者は「家主から貰えないから」とあきれた回答。  組合の抗議で後日業者は請求を取下げ、従前通りの条件で... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/27 00:29
アパートが突然売却に
 豊島区千早町の寺前さん夫婦は、2年前に現在のアパートを借りた。 3人目の子が生まれた直後で、今までの家では手狭になったのと、共稼ぎの寺前夫婦にとり、すぐ近くに保育園があるのが魅力だった。スペースも、10畳・8畳・6畳の他、キッチン・バスもあり、5人家族の寺前夫婦にはピッタリの家だ。  ところが今年の6月、某社管財部長の名刺を持つ男が突然訪ねてきた。家を買取った、取壊すので9月中に明渡せとの話。寺前夫婦の知らない間にアパートが売られていたのだ。  その後、男は毎週土曜日ごとに、賃貸物件のチラ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/23 09:50
調停で現行家賃212か月分で和解
 中央線の武蔵境駅から徒歩5分程の一戸建の借家に住む伊藤さんは、戦前の昭和18年から借りているが家主が昨年借地権付建物を地主に売却してしまった。  新家主は、切替が法律で認められていない期間を2年とする定期借家契約を締結するよう求めてきた。伊藤さんは組合に相談し、組合を通じて定期借家契約への切替を拒否するとともに、今後の話し合いは組合を通じて行なうよう通知した。 その後、今年2月に新家主は弁護士を代理人に立て、月額4万2500円の家賃を7万円に増額する調停を武蔵野簡易裁判所に申立ててきた。 ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/17 00:23
入居者全員に明渡通告
 豊島区長崎の荒川さんは、駅から一分という便利なところに住んでいる。利便性のよさが、一番であるがマンションの管理は最低であった。  借主に一言の連絡もなく改装工事を行い、逆に雨漏りや水漏れを指摘しても何ヶ月も無視する。そのうえ、家主と他の居住者とのトラブルで通行が出来なくなった旨、通告し、賃料の減額その他を要求したところ、「それならば出て行け」と明渡しを請求してきた。  その一方でこの家主は、契約更新したばかりの人を含め入居者全員に老朽化を理由に明渡しを求めてきた。入居者の何人かは組合に相談... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/16 09:00
明渡し請求の裁判、和解で解決
 埼玉県さいたま市の郊外に住む猫田さんは、古い1戸建ての住宅に住んでいた。同じような建物が10棟並ぶ静かな住宅地であった。  平成17年に突然家主がこの地にマンション建設を計画し、テレビのコマーシャルでも有名な大手マンション業者にこの明渡し交渉を委任してしまった。&nbsp;&nbsp;この業者「3、4ヶ月で明渡すよう」もとめてくるなどその強引な手法で住んでいる人々にとって、不安が広がった。  猫田さん、インターネットで借地借家人組合の存在をしり相談に来た。組合では、借地借家法では建物老朽化... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/12 09:33
無断転貸と地主が言掛り (静岡市)
 村田さん宅に、地主と宅建業者が訪れ「この土地は戦時中、地主に無断転貸した違法借地だから退去しろ」と古文書を出し退去を迫りました。  村田さんの相談を受けた静岡借組は実情調査をした結果、名義の違いは相続によるもの、現在は村田名義で賃料を支払っていることが判明。地主に「賃貸借契約は締結されている、退去請求の法的根拠無し。むしろ地代を近隣並に値下げせよ」と要求しました。  1ヵ月後、地主は「退去しろとは云っていない。賃料を受け取っているので退去請求はできない。賃貸借契約は存続して結構。もし、借地... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/09 09:27
明渡調停で納得のできる条件で和解
     納得のできる条件で和解        組合で学び自信を持って調停に  大田区大森南2丁目所在の木造トタン葺2階建工場兼共同住宅の内、2階部分の居宅兼作業所約37・95uを賃借していた増渕さんが、移転先で感想を述べた。  明渡しを求められた約7年前は家主に逆らうなんて考えられなかった。明渡しを拒否すれば何をいわれるかと心配していたが組合に入会して借家人として権利を主張することの大切さは知った。弁護士から改めて、明渡し請求の内容証明郵便が届くと、驚き不安も募ったが、組合は直ちに明渡し... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/04 00:45
明渡し理由は地震で倒潰の危険があるというものであった(静岡市)
 安部さん達は、6戸建(現4戸入居)集合住宅に住んでいる。突然東建コーポレーションという会社の社員が来訪、家主の「退去についてのお願い」なる文書に捺印させられてしまった。内容は「老朽化で地震崩壊の危険大、2ヵ月後に取壊すので退去する」というもので、アパート中大騒ぎとなった。  4名は組合に加入し、家主に対し「現在の住居に住み続けたい。 2カ月の解約予告は借地借家法違反で無効、正当事由が無い、交渉は組合とせよ」の4点を文書で通告した。  第1回交渉で組合は「家主は賃貸建物が危険建物と主張してい... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/25 00:57
店舗の明渡し交渉で合意 (横浜市磯子区)
 山本さんは、横浜市磯子区JR駅前で10年間営業を継続して来ました。昨年12月に家主より、店舗の明渡しを通告され、組合に加入して、家主側と折衝を重ねてきました。明渡しの理由は、建物の老朽化による建替えです。  折衝は、家主側代理人弁護士と組合員・組合と3者にて延べ5回に亘り、前向きに折衝をした結果、営業補償・移転費用・雑費を総合して金1360万円の提示額があり、別途、預け入れ保証金、171万5488円の返還の明示がされました。   合員と組合では即答は避けて、5日以内に回答を約して、組合員と... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/24 00:24
借地借家人組合の助言で不当明渡請求を撃退する
 静岡市南部で飲食店を営んでいる伊藤さんは、昨年4月隣りでお店をしている家主から「店舗が老朽化したので建替えて自分で使用するので6ヵ月後に賃貸借契約を終了する」との「解約申入れ」が宅建業者を通じてありました。伊藤さんは、即座に「明渡しに応じることはできない」と告げました。  ところが、昨年末に家主から再度「賃貸契約は終了しているのに占拠は遺憾」との「意義申述書」なるものが宅建業者を通じて送られてきました。  相談を受けた静岡借地借家人組合(電話054-271-5269)は、「家主と宅建業者は... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/12 09:44
家主が建物の老朽化を理由に立退請求
 新井さんは、かつて練馬区で老朽化を理由に明渡しを求められ、やっとのことで、豊島区長崎に居住した。静かな住宅街で、これで安心して住み続けることができると考えていた。2回目の契約を合意更新したあたりから隣室の人とのトラブルに巻き込まれるようになった。何度も家主並びに管理している不動産会社にトラブルを取り除くように要請したが、らちがあかなかった。  そのうちに、家主が老朽化を理由に明渡しを求めてきた。管理する不動産会社は、必要に迫ってきた。そこで借地借家人組合に入会した。組合と相談し、建物の老朽化... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/06 09:10
建物の老朽化を理由にした建替えで建物明渡通知
 杉並区桃井の青梅街道沿のビルを借りて音楽教室を営業している町田さんは、家主から昨年11月に突然建物の老朽化に伴い建替えを行うので今年の5月31日を以って賃貸借契約を終了するとの通知を受けた。  町田さんは、以前も他の教室の明渡し問題で組合に相談にのってもらい解決した経験があるため、今年に入り相談に行った。  組合を通じて明渡しの条件の提示を求めたところ、家主は2月に入り突然「お知らせ」の通知を各戸に配布した。  「当ビルの建物及び設備の経年劣化が進み…6月以降当ビル内において事故が発生す... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/05 01:13
老朽化を理由に30年間住んだアパートを明渡せというが
&nbsp; 新宿区に住む五十嵐さんは、このアパートに住んで30年近くになる。五十嵐さんの外に、約10世帯住んでいるが、ほとんどの居住者はこの数年間に契約したお年寄りや外国人の居住者であった。家主は隣に住んでいるが、老朽化を理由に明渡しを求めてきた。その交渉役として、大手住宅メーカーのNホームの社員が対応した。当初「敷金は返還します。他は引越料数万円だけです」と説明していた。いろいろなところに電話や相談にいってたどり着いたのが借地借家人組合だった。  早速、五十嵐さんは組合に入会した。組合の説... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/30 09:31
借地借家人組合のアドバイスで立退料が5倍へ(九州・福岡市)
  2月上旬、福岡市内の借家に住む母子世帯の藤田さよりさんから、「家主から家屋が老朽し建替えるので、敷金返還額17万円と引越料13万円合計30万円を条件に明渡すよう請求され引越すことに同意したが、立退料が納得できないので相談したい」と大借連(全大阪借地借家人組合連合会)事務所に電話がありました。   そこで、大借連は、「条件が納得できない場合は、契約は継続しているので明渡請求は拒否できること。老朽家屋で立退きに応じなければならない場合は最終的に裁判所が判断することになる。その場合は条件も裁判所... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/28 11:22
明渡し調停で希望条件実る
 大田区大森南2丁目所在の木造2階建工場兼共同住宅の内、階上の居宅の一部を賃借していた増渕さんは、平成12年11月家主代理人弁護士から賃貸部分は増築した箇所で、老朽化が著しく地震などの災害で倒壊する危険がある。また、他の居住者はすでに転居し、この程工場も閉鎖されたことから経済的なことも理由に明渡しを請求された。  増渕さんは、明渡し請求を拒否し、家賃を供託して6年余が経過した。昨年3月代理人弁護士が病死し、新たに委任された弁護士からの明渡しの督促も拒否。それから6ヵ月後の昨年10月調停裁判とな... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/26 10:44
競売の買受人から借地の明渡しを要求された
   底地に抵当権が設定された後に建物を&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp;&nbsp; 建替えたが競落人に対抗できるか &nbsp;(問) 7年前、地主の建替えの承諾を得て借地上の木造建物を取壊し、鉄骨4階建ての建物へ建... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/18 09:52
借地の無断転貸で明渡請求
無断転貸で土地明渡請求をされても                契約解除権は10年で消滅時効になる  (問)  15年前に借地の一部を地主の承諾を得て隣の精肉会社に貸した。精肉会社はそこに軽量鉄骨造りの倉庫を建てて現在も使用している。 ところが今回地主が死亡して相続人から地代の大幅値上げを請求された。その請求を断ると、無断転貸を理由に土地明渡し請求が内容証明郵便で送られて来た。どうしたらいいのか。 (答)  相談者の場合は、地主の承諾を得て転貸していたのだから先代の地主からは何のクレーム... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 08:36
借地の約定更新料は支払義務無し
 &nbsp;  約定更新料で新判断―最高裁が地主の上告を棄却  〈合意無ければ支払義務無し〉 法務省の司法統計によると「借地紛争」が多発したのは、1965年(昭和40年)前後と1985年(昭和60年)前後である。統計的に予測される次の「借地紛争」多発の時期は戦後60年に当る2005年(平成17年)である。「借地紛争」の実体は、借地人側から見ると更新料問題である。  更新料の授受は慣習に多く頼っており、地域差が非常に大きいという理由から「借地借家法」(1992年8月1日施行)においても更新... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/26 09:52
*解約申入れ後にされた立退料の提供を考慮して明渡の正当事由を判断した事例
 判例紹介  解約申入れ後に立退料の提供又は増額された場合、この立退き料の提供又は増額を考慮して解約申入れの正当事由を判断することができる。 (最高裁第2小法廷平成3年3月12日判決)  (事案) X(賃貸人)の先代は、昭和10年頃その所有する建物をY(賃借人)に賃借し、Xの先代死亡により右建物を相続したXは、昭和61年8月、建物の朽廃による賃貸借契約の終了及び信頼関係の破壊による賃貸借契約の解除を理由として、Y(賃借人)に対し建物明渡請求訴訟を提起した。  訴訟提起後の昭和62年5月、X... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/18 09:21

トップへ | みんなの「明渡・立退料」ブログ

<注意>表示されている広告は、当組合の関知するものではありません。

東京・台東借地借家人組合 3 明渡・立退料のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる